F1動画/ミハエル・シューマッハ - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】1999年イギリスGP MSCの試練

1999年、ミハエル・シューマッハはフェラーリに移籍して4年目。名門復活を託されていたシューマッハは、前年と同じくミカ・ハッキネンとのチャンピオン争いの中にいた。第7戦までのポイントランキングでは、ハッキネンに8ポイント差をつけられ2位。

そして、第8戦イギリスグランプリ。シルバーストーン・サーキット。2番手からスタートしたシューマッハは、マクラーレンのデビッド・クルサードと、チームメイトのエディー・アーバインに抜かれてしまう。
その時、スタートすることができなかった後方の2台のマシンを撤去するために赤旗が出された。しかしなぜかシューマッハとアーバインはサイド・バイ・サイドでマゴッツ、ベケッツ、チャペルを通過し、ハンガー・ストレートでもまだ3位を争っていた。
インにシューマッハ、アウトにアーバインという状態でストウ・コーナーに入っていくのかと思われた矢先、シューマッハはコースアウトし、ほぼ直進のままタイヤバリアにクラッシュ。

⇒【F1動画】1999年イギリスGP MSCの試練

レース後の発表によると、シューマッハは右足を骨折。チームはクラッシュの原因を「リアブレーキの破損」とした。
アーバインとサイドバイサイドで争っていた時、シューマッハは無線で「アーバインをパスするから、道を開けてくれ」と言っている。チームは赤旗が出されたことを彼に報告するべきだった。
赤旗を知っていれば、たとえブレーキトラブルからクラッシュにつながったとしても、大けがを負わなくて済んだ可能性もあるのだ。

6戦欠場した後、シューマッハは第15戦マレーシアGPから戦列に復帰し、ドライバーズタイトルを争っていたアーバインをサポート。最終戦日本GPでもポールポジションを獲得し、決勝では2位入賞。フェラーリに1983年以来のコンストラクターズチャンピオンをもたらした。

【F1動画】1992年ベルギーGP MSC初優勝

1992年のハンガリーGPで、ナイジェルマンセルが圧倒的な強さで早くもチャンピオンを決め、このベルギーGPからは消化レースとなった。

予選はポールポジションがマンセル、2番手セナ、3番手シューマッハ、4番手パトレーゼの順。

スタートでセナが1コーナーを奪い、マンセル、パトレーゼ、アレジ、シューマッハと続くが、セナは2周目以降ウイリアムズの2台にかわされ3位に後退する。
そして雨は降ってきた。

ウイリアムズ勢を始めとして各チームが次々とレインタイヤに履き換える。
しかしセナだけはピットに入らなかった。
雨はすぐに止むと判断したアイルトンはそのままスリックで走る作戦だったのだ。

しかし、意に反して雨はさらに強くなり、レインタイヤに交換したライバルたちがたちまち迫ってくる。
11周目にマンセルにかわされると、立て続けにパトレーゼ、シューマッハ、ブランドル、ハッキネンらにかわされてしまう。
そして、とうとうセナも14周目にピットインせざるを得なくなり、コースに戻った時点で13位まで後退した。

その後雨が弱くなり、止んだ。
コースが乾いてくると、今度はセナが最初にピットイン。
これはいい判断だった。

各車タイヤ交換を終えると、セナはなんとポイント圏内の6位まで浮上する。
残り2周で5位のハッキネンをかわし、2ポイントを獲得した。

1992年ベルギーGPの勝者はシューマッハ。
自身初優勝。
彼は中盤、コースアウトしてコースに戻るとき、前を走るチームメイトのブランドルのリアタイヤにブリスターができているのを発見。セナの次にスリックに換えた。

⇒【F1動画】1992年ベルギーGP MSC初優勝

エキゾーストパイプが壊れてシューマッハに追いつけなかったマンセルは2位、パトレーゼが3位に入り、ウイリアムズは5年ぶりにコンストラクターズ・チャンピオンを獲得する。




F1GP動画WEB【F1動画/ミハエルシューマッハ】カテゴリの動画はこちらです。

【F1動画】皇帝シューマッハ2001年シーズン

2001年F1グランプリ。
この年のF1ワールドチャンピオンは、皇帝ミハエル・シューマッハ。派手なクラッシュもあった。

【F1動画】皇帝シューマッハ2001年シーズン
Michael Schumacher - 2001 Formula 1 World Champion



★ミハエル・シューマッハに関連するDVD

★ミハエル・シューマッハに関連する書籍

★ミハエル・シューマッハに関連するF1グッズ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。