F1動画/ルイス・ハミルトン - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】2007年ルイス・ハミルトン デビューイヤー

2007年、ルイス・ハミルトンは、ロン・デニスが率いるボーダフォン・マクラーレン・メルセデスからF1にデビュー。チームメイトは2005年・2006年のチャンピオン、フェルナンド・アロンソ。F1史上初のF1黒人ドライバーとなったハミルトンは「マクラーレンの秘蔵っ子」として注目を浴びた。

ハミルトンは、デビュー戦となった2007年開幕戦オーストラリアGPでいきなり3位に入賞、表彰台へ。第2戦マレーシアGP、第3戦バーレーンGPでも2位に入り、この時点でデビューを含め3戦連続表彰台というF1GP史上初の快挙を果たす。

⇒【F1動画】2007年ルイス・ハミルトン デビューイヤー

続く第4戦スペインGP、第5戦モナコGPでも続けて2位に入賞。未勝利ながらドライバーズランキングでトップに躍り出る。

第6戦カナダGPでは初のポールポジションを獲得、初優勝。続く第7戦アメリカGPでもポールトゥウィンで2戦連続で優勝。その後の第8戦フランスGP、第9戦イギリスGPでも3位となり着実にドライバーズポイントを積んでいく。


しかし、第10戦ヨーロッパGP予選で、ハミルトンはF1デビュー以来初のクラッシュ。結果、9位フィニッシュとなり連続表彰台記録および連続入賞記録は9でストップした。

第16戦日本GPでは、タイヤのトラブルから初リタイア。ドライバーズポイントランキング1位のまま第17戦ブラジルGPへ。ブラジルでは、チャンピオンを争うキミ・ライコネンとフェルナンド・アロンソの前、2番グリッドからスタートするも、両者にかわされた後はミスやギアトラブルにより後退。

結局ハミルトンは7位に終わり、ライコネンにタイトルを奪われるも、世界中がハミルトンの実力を認めることとなった。

【F1動画】ハミルトン カートクラッシュ

2007年6月、マクラーレン主催のイベントがロンドンで行われた。

特設のサーキットは、キッズカートのコースより狭い。そこを縫うように走るルイスのカートは、さすがにアクセル全開とはいかないようだ。

⇒【F1動画】ルイス・ハミルトン カートクラッシュ

⇒【F1動画】ルイス・ハミルトン カート時代の動画検索

ルイス・ハミルトンは、小林可夢偉が全日本ジュニアカート選手権を制する5年前の1995年、イギリスの幼少年クラスのカートチャンピオンとなったが、かつてのカートの名手も、このコースは手に負えない。

【F1動画】チェッカーフラッグはルイス・ハミルトンのために

マクラーレン・メルセデスF1。
ルイス・ハミルトン。

少年期から現在まで、レーシング・カートからF1まで、マクラーレンとともに駆け抜けたモータースポーツ・キャリア。

2007年、ロン・デニスが率いるボーダフォン・マクラーレン・メルセデスからF1にデビュー。
チェッカーフラッグはルイスのために。
新しい歴史はルイスとともに。

⇒【F1動画】チェッカーフラッグはルイス・ハミルトンのために
Lewis Hamilton - A Tribute

【F1動画】ルイス・ハミルトン ジュニアカート・カデットクラス

ルイス・ハミルトン。
イギリスのローカルカートコースでのレース。

カデットクラスということなので、ルイスが10歳前後の頃か。
当時のハンディビデオは今ほどの性能はないので、甘い映像。

このレースでのルイスのゼッケンプレートは1番。すでに、ルイス・ハミルトンの愛車トニーには、チャンピオン・ナンバーがついている。

また、ルイスのヘルメットのカラーリングにも注目してほしい。彼は少年時代から現在と同じイエローのヘルメットだ。

⇒【F1動画】ルイス・ハミルトン ジュニアカート・カデットクラス
Lewis Hamilton - Buckmore Park Cadet Win

ルイスのレーシングカート時代の動画を見ていると、ポールポジションからチギって勝つというレースはあまり見られない。
常に上位を狙える位置につき、前車のクセや挙動を観察し、レース後半でズバっとオーバーテイク。実にクレバーな走りだ。

「仕事」として本能でレースをしているルイス・ハミルトン少年の姿が見て取れる。

【F1動画】ルイス・ハミルトン1998 マクラーレンワークス・ジュニア

「後ろからでも、勝ちにいきます!」とルイス・ハミルトン。

予選レースではリタイヤ。決勝では、ほぼ最後尾からスタートするものの、ラップを重ねるごとに順位を上げていく。

不利な状況を一瞬にして覆すルイス・ハミルトン。
レーシングカートのトップチーム「マクラーレン・ワークス」。
フォーミュラ・ジュニア・インターコンチネンタルAクラスでのレースだ。

ゼッケン44。
ルイス・ハミルトン。
「後ろからでも、勝ちにいきます!」

そして、チェッカーフラッグはルイスに振られた。

⇒【F1動画】ルイス・ハミルトン1998 マクラーレンワークス・ジュニア
LEWIS HAMILTON - Karting (wins from the back!)
Buckmore Park 1998 - JICA class - watch that incredible Hamilton racing instinct at work as he dispatches the entire field to win in style!



ルイス・ハミルトンが英国のジュニア・カートチャンピオンとなった1995年、彼はまだ10歳。
夢はF1ワールドチャンピオン、目標はアイルトン・セナと語っていた。
もちろん、ルイスのヘルメットは、一貫して憧れであるアイルトン・セナのイエローがモチーフ。
それは夢を実現した今でも変わることはない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。