F1動画/1960年代 - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】1967年イタリアGP ジム・クラーク幻の勝利

1967年イタリアGPは、F1参戦第一期のホンダが2勝目を記録したレースとしても知られている。だが、このレースの注目すべきところは、別にもあった。

ロータスのジム・クラークは、13周目にパンクしてピットイン、周回遅れとなった。しかしクラークは、トップを2回もオーバーテイクして同一周回に復帰する。

上位陣では、ブラバムのデニス・ハルムとロータスのグラハム・ヒルのエンジンがブロー、ホンダのジョン・サーティース とブラバムのジャック・ブラバム二人のトップ争いになった。

⇒【F1動画】1967年イタリアGP ジム・クラーク幻の勝利

猛追したクラークは60周目、ついにサーティースとブラバムをパスしてトップに立った。しかし、生涯最高のレースをしたクラークに勝利の女神は微笑んではくれなかった。最終ラップにクラークのエンジンもブロー、ストップ。1967年イタリアGP。フライング・スコット、ジム・クラーク。彼は勝てなかったが、このレースこそ彼の25勝したどのレースよりも語り継がれることとなった。



さて、このレース。パラボリカでブラバムがインを突こうとして滑ってふくらみ、サーティースが抜き返す。サーティースがブラバムを0.2秒差で振り切った劇的な幕切れであった。ブラバムはスリップストリームからサーティースを抜けたと思っただろう。しかし、そう思った時はすでにコントロールラインを通過。チェッカーはサーティースのものだ。

【F1動画】F1 1969年モナコGPドキュメンタリ

1969年F1モナコGP。

この動画では、当時のモナコの町並みやファッション、湾内に浮かべた船上で人々がくつろぐ様子などを交え、1969年のF1モナコGPの様子を伝えている。

ポールポジションは、マトラのジャッキー・スチュワート。しかし、レースを制したのは「モナコマイスター」と呼ばれたロータスのグラハム・ヒル。いかにも頑固そうな髭のおじさんだ。

⇒【F1動画】F1 1969年モナコGPドキュメンタリ@

⇒【F1動画】F1 1969年モナコGPドキュメンタリA

この映像で見られる背の高いウイングは、脱落時の挙動の乱れが非常に危険という理由で予選1回目を最後に使用禁止となった。中には、リアのみならず、フロントにも同様のハイウイングを装着したキテレツなマシンも登場するが、空力的には超疑問。

【F1動画】1966年スパフランコルシャン・オールドコース「Grand Prix」

1966年公開劇場用映画「Grand Prix」のクリップ。ベルギーグランプリでお馴染みのスパフランコルシャン・サーキット。

映像はオールドコース。ガードレールもなく、当時の全長14キロを越える公道コース(スパフランコルシャン・オールドコース)の様子が伺える。旧き良き時代だ。

⇒【F1動画】1966年スパフランコルシャン・オールドコース「Grand Prix」
F1 Spa-Francorchamps 1966 - Grand Prix (The Movie)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。