F1動画/1970年代 - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】1978年スウェーデンGP ファンカー/ブラバム・アルファロメオBT46Bの真実

1978年F1第8戦スウェーデンGP。

アンデルストープサーキットに姿を現したあるマシンが、人々の注目を集めたが、同時に非難を浴びてしまった。

それは「Brabham Alfa Romeo BT46B」、通称ファンカーと呼ばれるマシンである。なんとエンジンの後ろに扇風機のような巨大なファンが取り付けられていたのだ。

ブラバム・アルファロメオチームは冷却用と主張したが、そのファンを走行中に回すことによってダウンフォースを生み出し、ブラバムBT46Bは驚異的なタイムを出していた。

ドライバーはニキ・ラウダとジョン・ワトソン。
予選ではラウダが2番手となったが、実は「ポールポジションをとるな」という指示が出ていたという。なぜなら、予選から2人がフロントローを独占すればそのマシンの違法性を認めるようなものだからだ。

⇒【F1動画】1978年スウェーデンGP ファンカー・ブラバムBT46Bの真実

決勝ではラウダが2位に大差をつけ優勝。
しかしレースから一週間後、正式にファンカーは禁止とされてしまう。

理由は
@可動式空力装置が違法
A後方のマシンに対する危険性

とのことだが、一番大きな理由は異常なまでのコーナリング・スピードの上昇を阻止するためだといわれる。
ブラバムBT46Bはわずか一戦のみ、しかも優勝という成績を残して歴史の表舞台から去っていった。

【F1動画】F1 1979年フランスGP F1史上に残るヴィルヌーブとアルヌーの大バトル

1979年F1フランスGP。このレースの勝者はウィリアムズ・ルノーのジャン・ピエール・ジャブイーユ。ターボエンジンの初優勝としても知られる。

だがレース終盤、観客の目は2位争いのフェラーリのジル・ヴィルヌーヴとウィリアムズのルネ・アルヌーの壮絶なバトルに注がれていた。サイドバイサイド、オーバーテイク合戦、そして接触。結果は0.24秒差でヴィルヌーヴが制すこととなった。

⇒【F1動画】F1 1979年フランスGP F1史上に残るヴィルヌーブとアルヌーの大バトル

【F1動画】F1 1978年カナダGP ジル・ヴィルヌーヴ初優勝

1978年F1カナダGPの舞台は、国際博覧会やオリンピックで使用されたノートルダム島公園の周遊道路を利用して作られたモントリオール・サーキット。

その第1回目の勝者は地元モントリオール出身のヒーローであり、後にその活躍を記念してこのコースの名称にもなるジル・ヴィルヌーヴ。彼にとっても初優勝となった。

⇒【F1動画】F1 1978年カナダGP ジル・ヴィルヌーヴ初優勝

【F1動画】1976年イタリアGP ラウダF1復帰戦

F1とともに長い歴史を歩んだモンツァだが、雨が降って路面がウェットになったのはこの年、1976年を含めて数少ない。

⇒【F1動画】1976年イタリアGP ラウダF1復帰戦

このレースではF1第10戦ドイツGPで大火傷を負ったニキ・ラウダが復帰し、4位でチェッカーを受けた。
優勝は古巣のマーチに移籍し、2年ぶりの勝利となるロニー・ピーターソンだった。

The amazing comeback by Niki Lauda; just six weeks after his near-fatal crash at Nurburgring, he finishes in 4th place.
The race is won by Ronnie Peterson.The date is September 12,1976 Italian GP.

【F1動画】オンボード映像 タイレルP34(ティレルP34)

6輪車で有名なタイレルP34。
現在では、「ティレルP34」というのがスマートかもしれないが、1970年代後半に話題となったこのマシンを、当時は「タイレルP34」と呼んだ。

この、F1の歴史に名を残した名車タイレルP34の貴重なオンボード映像をモナコの街並みとともに楽しんでみよう。

⇒【F1動画】オンボード映像 タイレルP34(ティレルP34)
The unique Tyrrell 6 wheeled P34 in action.
Driver P.Depallier パトリック・デパイユ
Onboard Tyrrell P34 6wheels f1car

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。