F1動画/F1の歴史 (2) - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】1969年スペインGP 悲劇の空力デバイス・ハイウイング

1960年代後半。
エンジンのハイパワー化とともにワイドトレッドタイヤが登場し、四輪駆動の研究も行われた。

四輪駆動と六輪車は1983年のレギュレーション改正で禁止されたが、当時、最も有効なものと考えられていたのは、走行中の気流を利用してダウンフォースを発生させ、車体を路面へ押しつける手法であった。

飛行機の翼を上下逆さにした格好のウイングが登場し、エアロダイナミクス開発競争の幕が開いた。F1に空力の時代が到来したのだ。

1969年になると、異常なほど高い位置にウイングを取り付けるというアイデア「ハイウイング」が流行。しかし、スペインGPでヨッヘン・リントのマシンからウイングが脱落、大クラッシュを引き起こしてしまう。

⇒【F1動画】1969年スペインGP 悲劇の空力デバイス・ハイウイング

ハイウイングは、1969年モナコGPを最後に禁止となり、車高・シャーシ幅・ウイングの寸法が新しく規定されることとなる。



【F1動画】F1 1988年イタリアGP 年間唯一の負けレース

1988年といえば、マクラーレン・ホンダが最強のターボエンジンとドライバーズラインナップで、年間16戦中15勝というF1史上に残る記録を打ち立てた年。

この年間16戦中15勝。唯一優勝を逃したのが、イタリアGPだ。イタリアGPでは、アイルトン・セナがナイジェル・マンセルの代役としてウィリアムズ・ジャッドから初参戦したジャン・ルイ・シュレッサーと接触。その時、セナはラスト2周。トップ走行中のことだった。

⇒【F1動画】F1 1988年イタリアGP 年間唯一の負けレース

セナのリタイアによって、フェラーリが地元で見事1−2フィニッシュを決めた。勝者は、ゲルハルト・ベルガー、2位はミケーレ・アルボレートだ。

【F1動画】危ない!ピット事故&トラブル

F1においてレース戦略では不可欠なのがピット作業。しかし、一歩間違えると大惨事になる可能性もある。

この動画では長いF1の歴史の中で行われてきたピット作業の様子や事故・トラブル等を紹介する。

⇒【F1動画】危ない!ピット事故&トラブル
F1 Pit stop

【F1動画】スパ・フランコルシャンF1GPヒストリー

スパ・フランコルシャンサーキット。
1920年に完成。
F1ベルギーGPを始めとするビッグレースが開催される。

サーキット完成当時は全長14km以上ある長いサーキットだったが、1978年、全長6.973kmの現在のコースに改修。
F1ベルギーグランプリ、数々のドラマが生まれた。

⇒【F1動画】スパ・フランコルシャンF1GPヒストリー
※Youtube動画「spa f1 history/spa trough the years」は削除されており、2011年7月時点ではご覧になれません。

【F1動画】グランプリの涙 F1 history

セナに涙するミハエル・シューマッハ。
ポディウムでブラジル国旗を手に涙するルーベンス・バリチェロ。
F1の歴史は、喜びも悲しみも常に背中合わせだ。

この動画では、F1創世期から現代に至るまでを、象徴的なクリップで綴っている。

⇒【F1動画】グランプリの涙 F1 history
F1 history with the 3 all time greatest drivers.the good and the bad times

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。