F1動画/2000年代以降 (3) - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】2008 F1第7戦カナダGPハミルトンが勇み足

2008年F1第7戦カナダグランプリ。

ほぼ混乱もなくスタートし、ハミルトン、クビサ、ライコネン、ロズベルグ、アロンソ、マッサの順で車列は続く。
ハミルトンの独走かと思われたカナダGP、しかし、スーティルのマシンが路上で止まったことにより大きく動く。

4年連続となるセーフティーカー導入でクビサ、ライコネン、ハミルトン、ロズベルグがピットイン。先にクビサ、ライコネンはピットレーン出口での信号で停車していた。

しかし、ハミルトンは赤信号に気づかず、ライコネンの左リアに追突。さらに、ロズベルグはそのハミルトンに追突してしまう。ポイントリーダーの二人が一瞬にしてリタイアとなった。

⇒【F1動画】2008 F1第7戦カナダGPハミルトンが勇み足

フロントウィングを失ったロズベルグはが再度ピットイン。
21周目、ハイドフェルドを先頭にレース再開。

2回目の各車ピットインが終わると、クビサ、ハイドフェルド、クルサード、バリチェロ、コバライネン、マッサ、バトン、中嶋一貴の順になった。

マッサが早めのピットインを行なったことによりトヨタ勢が浮上。オーダーはクビサ、ハイドフェルド、クルサード、バリチェロ、グロック、トゥルーリ、マッサ、ベッテルの順。

⇒【F1動画】2008 F1第7戦カナダグランプリ・ハイライト

終盤、バリチェロのコースオフでトヨタ2台が前へ。その後トヨタ勢とマッサ、バリチェロ、ベッテル、コバライネンがバトルを繰り広げたが、そのままチェッカーを迎えた。


結果はクビサが、自身初、ポーランド人初、またBMWチームにとっても初となる大きな一勝を手にし、クルサードも久々のポディウムとなった。


【F1動画】2008 F1第6戦モナコGPハミルトン・オンボード

2008 F1第6戦モナコGP。

モナコで初ポールポジションを獲得したマッサを先頭に、ハミルトン、ライコネン、クビサと続く。
5周目、ハミルトンが右リアタイヤをガードレールにヒットさせてしまいピットイン、先頭グループから脱落。8週目には、クルサードのクラッシュでセーフティーカーが入った。

そして10周目、ライコネンにドライブスルーペナルティが下される。スタート3分前までタイヤを装着しなていなかったことがレギュレーション違反だったようだ。
さらに、フェラーリに不運が続く。16周目、レースを引っ張っていたマッサが1コーナーでオーバーラン。首位はクビサに変わった。

後方では、優勝争いから脱落したハミルトンがいつのまにか息を吹き返していた。ライコネンに代わって3位に上がり、前の2台を猛追する。

クビサとマッサのピットインによりトップに立ったハミルトンはハイペースで飛ばした。そのおかげで2回目のピットイン後もトップのままコースに復帰。

59周目、ロズベルグのクラッシュで2度目のセーフティーカー導入。このときトップはハミルトン、2番手クビサ、3番手マッサ、4番手になんとスーティル、5番手ライコネンであった。

しかし、ライコネンはヌーベル・シケイン手前でスーティルのリアに激しく追突してしまう。スーティルは無念のリタイア、ライコネンは残りの数周でファステストラップを記録したものの、ノーポイントに終わってしまった。

⇒【F1動画】2008 F1第6戦モナコGPハミルトン・オンボード

スタートから2時間、76周をもってレースは幕を閉じた。
レース中盤にトップに浮上し、パーフェクトな走りのハミルトンが開幕戦以来の2勝目をマーク。ハミルトン自身、そして黒人ドライバーにとって初のモナコ優勝であった。


2位にはクビサ、3位には自身のミスやピットでのトラブルなどで浮き沈みの激しかったマッサ。ライコネンとスーティルのクラッシュのおかげでウェバーが4位に、中嶋は7位で、日本人ドライバー初のモナコでのポイントゲットとなった。

【F1動画】2008 F1開幕戦オーストラリア ハミルトン・栄光への軌跡

大波乱の幕開け。
メルボルンで行われたF1・2008年開幕戦オーストラリアGP。

この年のメルボルンは、スタート直後からクラッシュという大荒れのレースとなった。その後もリタイアが続出し、終わってみれば、チェッカーをうけたのはわずか7台のみという過酷なレース。

⇒【F1動画】2008 F1開幕戦オーストラリア ハミルトン・栄光への軌跡



そんな中、ひとり波乱に巻き込まれることなくトップを走りつづけたルイス・ハミルトンが激戦の勝者となり、栄光への軌跡が刻まれる。
2位はBMWザウバーのニック・ハイドフェルド、3位にはウィリアムズのニコ・ロズベルグが堂々初表彰台を射止めた。

【F1動画】2004年アメリカGP 佐藤琢磨3位

2004年F1サーカス。
ミハエル・シューマッハは開幕5連勝し、第6戦モナコGPはクラッシュでリタイアを喫したものの、その後は7連勝と圧倒的な強さを見せた年であった。

迎えた2004年F1アメリカGP。
スタート直後に多重クラッシュが起きてセーフティーカーが入った。9周目には、フェルナンド・アロンソりルノーがスピンしてクラッシュ。

時を同じくして、後方ではラルフ・シューマッハもクラッシュし、またもやセーフティーカーが導入される荒れたレース展開。その後、ピットインを終えた佐藤琢磨がデビッド・クルサード、ジャンカルロ・フィジケラ、オリビエ・パニス、ヤルノ・トゥルーリらを次々とパスし、3位までポジションを上げる。

⇒【F1動画】2004年アメリカGP 佐藤琢磨3位

そしてシューマッハが波乱のレースを制し、佐藤琢磨が3位。日本人史上2人目となる表彰台をゲットした。

F1 2004 UnitedStatesGP
Indianapolis Motor Speedway

1st Michael Schumacher Ferrari
2nd Rubens Barrichello Ferrari
3rd Takuma Sato BAR Honda
4th Jarno Trulli Renault
5th Olivier Panis Toyota
6th Kimi Raikkonen McLaren Mercedes
7th David Coulthard McLaren Mercedes
8th Zsolt Baumgartner Minardi Cosworth

【F1動画】BMWザウバーの実力

2007年F1グランプリ・シーズン。
フェラーリ、マクラーレンの戦いに何度も割って入ったのは、ルノーでもトヨタでもなくBMWザウバーだった。

この動画は、BMWザウバーのプロモーションビデオ。超クールな仕上がり。

ニック・ハイドフェルドがアクセル全開でニュルブルクリンク・オールドコースを駆け抜ける。2008年シーズンはどんな戦いを見せてくれるのであろうか。

⇒【F1動画】BMWザウバーの実力
Nordschleife, Nick Heidfeld and his F1 BMW Sauber!
F1 BMW Sauber Top Gear Style

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。