F1動画/2000年代以降 (2) - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】2010年F1開幕直前チーム別まとめ

シーズンオフのテストが終わり、あとは2010年F1開幕を待つのみの状態となった。
そこで、2010年はどのチームがシーズンをリードするのか、マクラーレン、メルセデスGP、レッドブル、フェラーリの4強と新規参戦の3チームをまとめてみた。


【マクラーレン ジェンソン・バトン/ルイス・ハミルトン】
ハミルトンと2009年の王者バトンのイギリス人コンビとなる。
一説によると「イギリス版フェラーリ」を目指しているともいわれているマクラーレン。
ひとつ問題なのは、リアウィングの違法性が疑われている点だが、現時点では大きな問題となる可能性は低いだろう。

【メルセデスGP ミハエル・シューマッハ/ニコ・ロズベルグ】
マクラーレンがオールイギリス化を目指しているならば、メルセデスGPはオールドイツ体制。
復帰するシューマッハに注目が集まるのは仕方ないが、個人的にはあえてロズベルグを応援したい。
彼がこのチームで示す力が彼自身の将来を左右する。どうかロズベルグにとって不利な、シューマッハのチームにならないことを願うばかりだ。

【レッドブル セバスチャン・ベッテル/マーク・ウェバー】
レッドブルチームは、トップ4の中では速さは未知数。
かなり強力だと言われているが、他チームに比べて走り込みが少ないようだ。
課題はルノーエンジンとのマッチング。ルノーエンジンをうまく活かしたマシンバランスに期待する。

【フェラーリ フェルナンド・アロンソ/フェリペ・マッサ】
開幕前テストで好調なのがフェラーリ。ロングランでも安定して速いようだ。
F60を犠牲にしてF10を開発した成果が出るかに注目だ。

⇒【F1動画】2010年F1開幕直前 チーム別まとめ
⇒【F1動画】2010年F1開幕直前 コスワースエンジンがF1復帰

【ロータス ヤルノ・トゥルーリ/ヘイキ・コバライネン】
「名前だけ」の感は否めないが、とりあえずF1にかつての名門ロータスが復活した。
テストでの評価は別として、ロータスチームは2人の経験のあるドライバーラインナップにより、その点ではアドバンテージがあるといえる。

【HRT TBA/ブルーノ・セナ】
やっと参戦にこぎつけたとはいっても、開幕直前というのにドライバーは1人だけ。もう1人はいつ決まるのか。先行きは不透明だ。
【ヴァージン・レーシング ティモ・グロック/ルーカス・ディ・グラッシ】
ルーキーのルーカス・ディ・グラッシが確定。ヴァージン・レーシングが彼とともに成長していくことに期待。2009年にトヨタで速さを見せたグロックにとっても新天地での活躍を祈る。






F1GP動画WEB【F1動画/2010】カテゴリの動画はこちらです。


【F1動画】2010バレンシアテスト 移籍したアロンソ登場に沸くスタンド

2010年2月1日から3日間行われたバレンシア合同テストで、多くのチームがニューマシンを走らせた。

ミハエルシューマッハや小林可夢偉が注目を集める中、フェラーリは1・2日目にフェリペマッサが、3日目には移籍したばかりのフェルナンドアロンソがトップタイムを記録。

⇒【F1動画】2010バレンシアテスト 移籍したアロンソ登場に沸くスタンド

昨年(2009年)終盤、マシンのアップデートをやめ、新車F10の開発に技術と資金を投入したフェラーリが2010年に賭ける意気込みは本物だ。

この日、テストにもかかわらず、リカルド・トルモ・バレンシアサーキットには5万9000人の観衆が詰めかけた。
これもフェラーリに移籍したアロンソ効果といえるだろう。




F1GP動画WEB【F1動画/フェルナンドアロンソ】カテゴリの動画はこちらです。

【F1動画】初めてのヤスマリーナ・サーキット 2009F1アブダビGP Yas Marina

2009年最終戦アブダビGPの舞台なる新コース、ヤスマリーナ・サーキットが公開された。
全長5.55q、コーナー数20。
この動画でドライブしているのはブルーノ・セナである。

⇒【F1動画】初めてのヤスマリーナ・サーキット 2009F1アブダビGP Yas Marina

ピットロードがホームストレートと立体交差するようにつくられているのが最大の特徴。
低中速のコーナーとロングストレートで構成され、アグレッシブなバトルが展開されるだろう。

4年ぶりにチャンピオンシップが最終戦までに決着がつき、消化レースとなるアブダビGPだが、ドライバー逹、特に新王者となったジェンソン・バトンのプレッシャーから解放された攻めのレースを期待したい。

【F1動画】2008年ブラジルGP ハミルトン新王者、マッサの涙

2008年ブラジルGPのポールポジションは、逆転チャンピオンを狙うフェリペ・マッサだ。
とりあえず勝たなければチャンピオンの可能性がゼロに近いマッサは、トップを独走した。

対するルイス・ハミルトンは無理せずポジションを守っていく。
レース終盤、突然の雨に各車ウェットタイヤへと交換する中、トヨタのティモ・グロックが、ドライタイヤのままチェッカーを目指す賭けに出た。
ピットアウトするとハミルトンの前に出る。

ここで、ハミルトンは5位。
このままでも初タイトルは確定だが、トロ・ロッソのセバスチャン・ベッテルが濡れた路面でハミルトンをパスして、残り2周でハミルトンはタイトル圏外の6位へ。

そしてマッサはトップでチェッカーを受け、2007年のキミ・ライコネンの大逆転チャンピオンと同じように、嬉しさで涙を流しながらスロー走行に入っていた…。
ところが、ファイナルラップの最終コーナーで強くなった雨にコントロール不能となったグロックを、ベッテルとハミルトンがかわし、ハミルトンが1ポイント差で史上最年少世界王者となった。
チームからの無線で結果を聞いたマッサの涙は悔し涙に変わった。

⇒【F1動画】2008年ブラジルGP ハミルトン新王者、マッサの涙

インテルラゴスの表彰式は、2008年象徴するようなシーンであった。
シーズン最多の6勝を挙げたマッサは、開幕2戦は0ポイントでスタートしている。しかし精神的でも強くなりタイトル争いをした。
ライコネンは開幕4戦2勝でスタートしたが、後半不振続きでタイトル争いから脱落。ランキング3位に甘んじた。

チャンピオンを決めたハミルトンは、17戦98/170点で1戦平均5.4点。2008年は過去6年でもっともチャンピオンの1レースあたりのポイントが少ない年となった。

【F1動画】2007年ヨーロッパGP マッサとアロンソの接触

2010年、フェラーリはフェリペ・マッサとフェルナンド・アロンソの布陣で戦うこととなった。アロンソとフェラーリの契約は3年である。

しかしこの2人、あることが原因でレースで後に激しく口論となり、ケンカをしている場面がTVカメラにとらえられたことがある。

それは2007年のヨーロッパGPの舞台となったニュルブルクリンク。序盤に大雨の1コーナーで6台がコースアウトするという大波乱があったレースだ。

濡れた路面で、アロンソがトップのマッサをオーバーテイクした際、マシン同士が軽く接触した。アロンソのサイドポンツーンにはマッサのタイヤの跡が。

⇒【F1動画】2007年ヨーロッパGP マッサとアロンソの接触

果たして2010年、フェラーリでチームメイトとなって戦う2人に、この時のいさかいは影響してこないのだろうか。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。