【F1動画】名ドライバー フェラーリを2度復活させた男ゲルハルト・ベルガー - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】名ドライバー フェラーリを2度復活させた男ゲルハルト・ベルガー

オーストリア人ドライバー、ゲルハルト・ベルガーは1984年、地元オーストリアGPでATSからデビュー、翌年アロウズに移籍する。

1987年からはフェラーリへ移り、翌年の地元イタリアGPを制した。このレースは、マクラーレン・ホンダが16戦中15勝と圧倒的な強さの中唯一落としたレース。ベルガーは、誕生日に何が欲しいかというジャーナリストの質問に「ホンダエンジン」と答えた。

⇒【F1動画】名ドライバー フェラーリを2度復活させた男ゲルハルト・ベルガー

1989年のベルガーは、サンマリノGPでクラッシュしマシンが炎上するなど15戦中12回はリタイヤであったが、完走した3戦はすべて表彰台にのぼり、ポルトガルGPでは優勝した。

1990年から1992年まではマクラーレンに在籍。計3勝を挙げ、1992年最終戦オーストラリアGPでの優勝は「第2期ホンダ最後のレースでの優勝」という感動的なものであった。



1993年、ベルガーは古巣フェラーリへ戻る。後、3年間のフェラーリ在籍の中で、1994年のイタリアGPでの優勝はファンにとって印象深いものとなった。この時ベルガーは、「フェラーリを2度復活させた男」と呼ばれた。また、ベネトンで戦った1996年・1997年は低迷し、シーズン終了間際に引退を発表した。

いたずら好きとしても知られるベルガーであったが、神経質と言われていたアイルトン・セナとの関係は良好で、数々の悪戯を仕掛けては許されている。近代F1の世界で、ゲルハルト・ベルガーはかつての大らかなレーサー気質を受け継いだ存在としてチームやメディア関係者に愛された。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。