【F1動画】名ドライバー 最高のスウェーデン人ロニー・ピーターソン - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】名ドライバー 最高のスウェーデン人ロニー・ピーターソン

スウェーデン人ドライバー、ロニー・ピーターソンは、大阪万博が催された1970年、マーチからデビューした。1971年には早くも5回ポディウムに登壇し高評価を得る。

1973年、ロータスに移籍したピーターソンは、ポールポジション9回・優勝4回と活躍を見せるが、安定性を欠いたドライブが災いし、結局F1選手権3位に終わった。1974年、1975年、1976年はマシンの戦闘力不足もあり成績は低迷する。

1977年、ティレルへ移籍したロニー・ピーターソンは、6輪車P34をドライブすることになったが、タイヤの開発問題から前年活躍を見せたマシンは戦闘力を失い、ベルギーGPでの3位以外は活躍できず、14位とさらに低迷することとなる。


翌1978年、ロニー・ピーターソンは古巣ロータスへ戻り、マリオ・アンドレッティとチャンピオン争いを繰り広げたが、第14戦イタリアGPのスタート直後に多重クラッシュが発生、ピーターソンはアクシデントに巻き込まれて両足にケガを負ってしまう。マシンから救出された時には意識はあったが、その夜容態が急変し翌日に息を引き取る。

⇒【F1動画】名ドライバー 最高のスウェーデン人ロニー・ピーターソン

ニキ・ラウダはピーターソンの死について、「ドイツGPだったらロニーは助かった」と発言。彼は2年前のドイツGPで大クラッシュをしたのだが、当時イタリアよりレベルが高いと考えられていたドイツの医療に助けられたからである。ロニー・ピーターソンの死はまさに治療のミスだったのである。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。