【F1動画】名ドライバー フライング・スコット/カッ飛ぶスコットランド人 ジム・クラーク - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】名ドライバー フライング・スコット/カッ飛ぶスコットランド人 ジム・クラーク

イギリスはスコットランド出身の名ドライバー、ジム・クラークは、1960年に名門ロータスからデビューする。1963年には圧倒的な強さで初のチF1ャンピオンに輝き、ロータスを初のコンストラクターズチャンピオンに導いた。

1964年、1965年もジム・クラークの勢いは止まらず、1965年には3戦を残してチャンピオン獲得した。

⇒【F1動画】名ドライバー フライング・スコット/カッ飛ぶスコットランド人 ジム・クラーク

1968年、開幕戦の南アフリカGPで優勝し通算25勝。当時、歴代1位となり、その年のチャンピオン大本命だと思われていたクラークだが、第2戦スペインGPまでの間にホッケンハイムで行われたF2のレースで突然のコースアウトから木に激突してしまい、サーキットに戻ることは永遠にできなくなってしまった。



ジム・クラークは、マシンが不調でも問題なく乗りこなしてしまうため、チームクルーが「彼がマシンに乗るとセッティングが進まない」と発言するほどだった。クラークは同世代のトップドライバーの誰よりもタイヤの使い方が上手かったという。

ポールポジション通算33回という記録は、65回のアイルトン・セナに破られるまでは歴代1位。ポールポジション獲得率はセナを上回る。F1ドライバーを語る際、常にアイルトンと比較され、賞賛されるドライバーが、フライング・スコット、ジム・クラークだ。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。