【F1動画】名ドライバー 走りのアーティスト ネルソン・ピケ - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】名ドライバー 走りのアーティスト ネルソン・ピケ

ブラジル人天才ドライバーのひとりがネルソン・ピケ。

ネルソン・ピケは、1978年ドイツGPでエンサインからデビューし、翌1979年よりニキ・ラウダのセカンドドライバーとして戦う。1981年、1983年はブラバムで混戦を2度制し、1987年にはウィリアムズでナイジェル・マンセルとの確執の末3度目の王座についた。


1988年、ネルソン・ピケはロータスへ移籍したが、戦闘力の低いマシンであったため、結局2年間で1勝もできないばかりか、予選落ちさえ喫してしまう。そして、1990年、1991年はベネトンで3勝を挙げるものの、チームに不信感を抱き、他チームとの契約には至らず、F1を去った。

⇒【F1動画】名ドライバー 走りのアーティスト ネルソン・ピケ

ネルソン・ピケは、同じく3度のチャンピオンであり同郷でもあるアイルトン・セナとは犬猿の仲であった。
しかし、1990年日本GP前のドライバーズミーティングでは、前年失格の原因とされたシケインのショートカットについて審議された際、ピケは「コースに戻ると後ろからくるマシンと正面衝突しかねず、危険極まりない。シケインをショートカットし、マーシャルが安全を確認した上でコースに復帰するのが良い。」と、セナのとった判断が間違いではなかったことを主張した。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。