【F1動画】名ドライバー 不死鳥 ニキ・ラウダ - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】名ドライバー 不死鳥 ニキ・ラウダ

オーストリア生まれのF1ドライバー、ニキ・ラウダは、1971年にF1サーカスに登場、1974年にフェラーリに加入した。
翌1975年は圧倒的な強さで初チャンピオンに輝き、その勢いで1976年もかと思われたが、ドイツGPのクラッシュで大火傷を負い、生死の境をさまよった。

⇒【F1動画】名ドライバー 不死鳥 ニキ・ラウダ

再起不能と言われたニキ・ラウダは、その後日本GPで復帰。途中棄権したものの、「恐怖を抱く勇気がある男」と言われた。

1977年のニキ・ラウダは、2度目のF1チャンピオンとなり「不死鳥」と言われた。2度の王座に輝いた後、一度は引退する。そして、1982年、ロン・デニスのオファーによりマクラーレンからF1に復帰し、1984年にはアラン・プロストとの激闘の末に3度目のチャンプに輝く。



エンツォ・フェラーリは、「ラウダなら6度ぐらい王座を獲れたはず」と後に語っている。しかし、エンツォは1976年の雨の富士で棄権したラウダを責め、1977年のフェラーリはカルロス・ロイテマンを優遇する体制をとっていた。もしかしたらラウダは、エンツォが何人ものドライバーを酷使し死に追いやってしまったという過去を悟り、フェラーリを去ったのかもしれない。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。