【F1動画】1991年ポルトガルGP マンセル失格 - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】1991年ポルトガルGP マンセル失格

1991年ポルトガルGPは、スタートでナイジェル・マンセルが2位に上がり、ウィリアムズのワンツー体制を築く。リカルド・.パトレーゼはマンセルにトップを譲り、30周目にマンセルがピットイン。

ウィリアムズのクルーはいつものように作業を済ませ、マンセルを送り出したかに見えた。が、ピットアウトしようとマンセルがステアリングを切った瞬間、右リアタイヤが外れたのである。マシンはピットレーンでストップした。

⇒【F1動画】1991年ポルトガルGP マンセル失格

ピットレーン上で作業を行うことは、レギュレーション違反となっている。しかし、事態に慌てたウィリアムズのクルーは、ピットレーン上で復旧作業し、マンセルを送り出した。

マンセルは復帰して追い上げたものの、52周目にブラックフラッグが振られ失格となった。ちなみに、1989年のポルトガルGPでも、マンセルはピットインの際リバースギアを使い失格となっている。


ただし、このレースのファステストラップは、一般的には36周目のマンセルのものとされている。マンセルは、同年カナダGPでもファイナルラップ中にストップしてしまうという事態を起こしている。その原因は観衆に向かって手を上げようとしたところ、スイッチに手が当たってエンジンが停止したのだ。この2つのレースで勝てていれば1991年のF1チャンピオンになっていた可能性は十分にあった。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。