【F1動画】1981年イタリアGPクラッシュ ジョン・ワトソン/マクラーレンMP4/1 - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】1981年イタリアGPクラッシュ ジョン・ワトソン/マクラーレンMP4/1

1981年のモンツァ、イタリアGP。マクラーレンのジョン・ワトソンがレズモ・コーナーの立ち上がりで縁石に乗りスピン、マシンはコース内側のフェンスにリアから激突して破片がコース上に散乱。マシン後部が大破して炎が上がるが火災とはならず、ワトソン本人も無傷でマクラーレンMP4/1を降りた。

⇒【F1動画】1981年イタリアGPクラッシュ ジョン・ワトソン/マクラーレンMP4/1

このアクシデントに巻き込まれたのは、前年の1980年ヨーロッパF3チャンピオンでF1にステップアップしたばかりのティレルのミケーレ・アルボレート。このアクシデントを回避する際に外側のガードレールにヒットし、足回りにダメージを負いリタイアを余儀なくされた。



さて、ジョン・ワトソンのマクラーレンMP4/1というマシン。ジョン・バーナードが設計したカーボンファイバー製モノコックを採用した初のF1マシンである。ドライバーを守る思想で製作された近代F1シャシーの第1号、マクラーレンMP4/1が、奇しくもその安全性を披露することとなった。

またこのアクシデントで黄旗は振られていたものの、当時はセーフティーカー出動という制度は無く、赤旗等による中断にはならずレースはそのまま続けられていた。レース・アクシデントの際のセーフティーカー導入制度は、1993年シーズンまで待たなくてはならない。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。