【F1動画】1982年F1グランプリ ケケ・ロズベルグわずか1勝でチャンプ - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】1982年F1グランプリ ケケ・ロズベルグわずか1勝でチャンプ

1982年はF1史上最も荒れた年のひとつであった。コンストラクターズタイトルはフェラーリが獲得したものの、ジル・ヴィルヌーブの死、シーズン途中で引退したディディエ・ピローニの重傷という悲劇を生み、この年のフェラーリは血塗られた赤い年となった。

1982年のF1ドライバーズタイトルは、誰がピローニのポイントを上回るかということに注目が集まったが、マクラーレン・フォードのジョン・ワトソンとニキ・ラウダ、ルノーのアラン・プロストらは2勝するもリタイヤが多く波に乗れない。

トップチームのウィリアムズに移籍した若手のケケ・ロズベルグはこの年、一気にチャンピオン争いに加わる。第14戦スイスGPでプロストとラウダを抑えてやっと1勝を上げ、ポイント争いで首位に立つ。続くイタリアGPではプロストとラウダが脱落し、ワトソンだけにチャンスが残る。最終戦アメリカGPで、ワトソンは優勝を目指すが、ロズベルグも入賞して1982年F1チャンピオンを決めた。

⇒【F1動画】1982年F1グランプリ ケケ・ロズベルグ1勝でチャンプ

優勝ドライバー数11人、表彰台に上がったドライバー数18人、入賞したドライバー数29人と、後にも先にもこれ以上の波乱の年はない。ロズベルグがたった1勝でチャンピオンになったことからも、この年がとれだけ混戦だったかが推察できる。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。