【F1動画】1991年オーストラリアGP 雨の中嶋ラストラン - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】1991年オーストラリアGP 雨の中嶋ラストラン

1991年のF1は日本GPでアイルトン・セナのチャンピオンが決定、1991年最終戦オーストラリアGPは消化レースとなった。しかし、1989年と同じように、アデレードは大雨に見舞われた。

レースは、ポールポジションからスタートした雨に強いセナがレースをリードしていく。雨はどんどん強くなり、後方ではアクシデントが続出する。これを重く見た主催者側がレース打ち切りを決定し、赤旗が提示された。

結局この時点でトップを走っていたセナが優勝。各ドライバーに与えられるポイントは規定により半分。レースは14周回で中止され、走行距離52.9km、25分で終了したF1史上最短のグランプリとなった。

⇒【F1動画】1991年オーストラリアGP 雨の中嶋ラストラン

⇒【F1動画】雨の中嶋 1989年オーストラリアGP

中嶋悟にとっては、1991年最終戦オーストラリアGPがラストラン。「雨の中嶋」はアデレードの雨の中、サーキットを去る。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。