【F1動画】1989年ポルトガルGP ナイジェル・マンセル ピット逆走違反 - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】1989年ポルトガルGP ナイジェル・マンセル ピット逆走違反

1989年F1ポルトガルGP。この年のアイルトン・セナは16戦中13回のポールポジションを獲得。
ちなみに、年間最多ポールポジションは、1992年ナイジェル・マンセルの14回、1988年セナ自身の13回、1993年のアラン・プロストの13回。

1989年F1ポルトガルGPの決勝では、ベルガー、マンセルのフェラーリ勢が先行し、セナ、プロストと続き、28周目にマンセルが首位に立つ。その後、マンセルはタイヤ交換のためにピットイン。しかし、ブレーキミスでオーバーランしてしまう。

⇒【F1動画】1989年ポルトガルGP ナイジェル・マンセル ピット逆走違反

本来ならば、このような場合ではクルーの手によってマシンをピットに戻さなければならないところを、マンセルはリバースギアで走行し、ピット逆走というレギュレーション違反を犯す。そして、ピットアウト後3周にわたって失格の意味する黒旗を無視した。

その後、マンセルとセナは激しい2位争いを続け、最終的に1コーナーで二人は接触し共にリタイア。結局ベルガーがこのレースを制し、2位はプロストだった。マンセルは次戦出場停止処分。セナは前戦イタリアGPから2戦連続リタイアにりタイトル獲得は絶望的となった。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。