【F1動画】1982年ベルギーGP予選 ジル・ヴィルヌーヴの悲劇 - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】1982年ベルギーGP予選 ジル・ヴィルヌーヴの悲劇

1982年F1ベルギーGP予選。この日、F1史上最も悲惨で衝撃的な事故が起きてしまった。

チームメートのディディエ・ピローニのタイムを上回ろうとアタック中のフェラーリのジル・ヴィルヌーヴは、最終コーナーでスロー走行中のヨッヘン・マスに遭遇してしまう。

ヴィルヌーヴのフェラーリに気付いてレコードラインを譲ろうとしたマスと、マスを抜くためラインを変えたヴィルヌーヴは同じ方向に動いてしまった。そして、これが最悪の結果を引き起こすこととなる。

⇒【F1動画】1982年ベルギーGP予選 ジル・ヴィルヌーヴの悲劇

ヴィルヌーヴは左フロントタイヤから追突し、マスの右リアタイヤに乗り上げてしまう。これにより、空中を舞ったマシンは路面に激突して激しくバウンドし、大破。

この時の衝撃でシートベルトが引きちぎれ、マシンから投げ出されたヴィルヌーヴはコース脇のフェンスに叩きつけられた。現場や病院で蘇生処置が行われたが、頚椎等を骨折したヴィルヌーヴはその日の夜9時過ぎに息を引き取った。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。