【F1動画】1986年イギリスGPスタート直後の多重クラッシュ - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】1986年イギリスGPスタート直後の多重クラッシュ

ブランズハッチで開催された1986年F1イギリスGP。レースのスタートで5台以上を巻き込む多重クラッシュが発生した。

⇒【F1動画】1986年イギリスGPスタート直後の多重クラッシュ

このクラッシュによってジャック・ラフィットは両足を複雑骨折する。1986年イギリスGPはラフィットにとって176戦目。このスタートが、当時、グラハム・ヒルの保持するF1最多出走記録に並んだが、ラフィットはそのままF1から引退、サーキットに戻ることは2度となかった。

さて、事故のあったスタート時、ナイジェル・マンセルはドライブシャフトを壊しており、【F1動画】1986年イギリスGPスタート直後の多重クラッシュを見ると、後続車の混乱が見て取れる。マンセルのマシンの故障がなければ、ラフィットの引退はなかったのかもしれない。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。