【F1動画】2007年ブラジルGP 中嶋一貴ピットストップ・アクシデント - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】2007年ブラジルGP 中嶋一貴ピットストップ・アクシデント

2006年11月8日、ウィリアムズF1は、2007年シーズンのテストドライバーとして中嶋一貴との契約を発表。これにより、2007年シーズン、中嶋一貴はGP2を戦いながらウィリアムズチームのサードドライバーとなった。

この件については、2007年からウィリアムズF1のエンジンサプライヤーとなったトヨタの推薦があったとされ、チームオーナーであるフランク・ウィリアムズが自ら面接を行い決定した。中嶋一貴のドライバーとしての能力はもちろん、英語が堪能であることも判断材料になったようだ。

2007年。中嶋一貴は、F1の開催日程がGP2と重ならないレースでは、サードドライバーとして金曜のフリー走行に出走。F1とGP2が併催されるレースではリザーブドライバーとして登録された。

その後、中嶋一貴は、アレクサンダー・ヴルツの中国GP限りでの引退発表により、最終戦ブラジルGPでF1デビューを果たす。アジア初、親子2代のF1ドライバーが誕生した。

⇒【F1動画】2007年ブラジルGP 中嶋一貴ピットストップ・アクシデント
First ever pit-stop of Kazuki Nakajima-F1 2007

F1デビュー戦となった2007年ブラジルGPでは、予選19位。決勝では、1回目のピット・イン時に、ブレーキングのミスによって自らのチームのピットクルーに接触するという失態を演じたものの、日本人最上位の10位で完走。レース中のファステストラップでは5番手のタイムをたたき出し、チームメイトのニコ・ロズベルグを上回った。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。