【F1動画】フェラーリの暗い過去 1982年イモラ悲劇のチームオーダー - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】フェラーリの暗い過去 1982年イモラ悲劇のチームオーダー

1982年、マラネロは2度と繰り返したくない惨劇を味わうこととなった。
この年、フェラーリは、ジル・ヴィルヌーヴとディディエ・ピローニの2人を擁していたが、ヴィルヌーヴがベルギーで事故死、ピローニがドイツの大クラッシュで選手生命を絶たれてしまったのだ。

そんな悲劇が待ち受けているとは知らない2人は1981年からチームメイトで仲が良かった。
だが、1982年サンマリノでの今後の2人の運命を決定づける事件によって関係は一変することとなる。

トップはジル・ヴィルヌーヴ、ピローニが2位と、フェラーリのワンツーで熱狂するティフォシ達。
そんな中、45周目、ピットからチームオーダーが出された。「チームはヴィルヌーヴ優先で戦う」。ところが、残り2周のところでピローニがヴィルヌーヴをかわして0.3秒差のトップでチェッカーを受けてしまう。

⇒【F1動画】フェラーリの暗い過去 1982年イモラ悲劇のチームオーダー

ジル・ヴィルヌーヴは当然表彰台でピローニと目を合わそうとはしなかった。
そして、この瞬間からのピローニに対しての憎悪が、次戦ベルギーでの事故につながる原因の一つであると考えていいだろう。

ピローニもまた、ドイツGPを最後にF1から退いた後、1987年にパワーボート事故でこの世を去る。


悲劇の1年を送ったフェラーリはコンストラクターズ・タイトルを獲得した。
しかし、フェラーリにとって、2人の若い才能に溢れたドライバーを失ったことは、代償としてあまりにも大きすぎるものであった。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。