【F1動画】1975年スペインGP ロルフ・シュトメレン - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】1975年スペインGP ロルフ・シュトメレン

1975年、4回目の開催となるモンジュイック・パークでのスペインGP。
しかし、このモンジュイックは多くのドライバーたちからガードレールの危険性が指摘されていた。

そして、レースはスタートとほぼ同時にフェラーリのニキ・ラウダとクレイ・レガツォーニが接触してリタイア。
さらに、ウィルソン・フィッティバルディとアルトゥーロ・メルツァリオがレース開催へのボイコットのためオープニングラップで抗議のリタイアをした。

次から次へとアクシデントが起こる中、トップに立っていたロルフ・シュトメレンのマシンからリアウイングが吹き飛ぶという極めて危険な事態が発生。
ダウンフォースを失ったシュトメレンはコントロールを失い、ガードレールへと側面から激突。
マシンはガードレールを越えて観客席に方へ突っ込んだ。このアクシデントで観客4名が犠牲になり、シュトメレン自身も重傷を負った。

⇒【F1動画】1975年スペインGP ロルフ・シュトメレン Rolf Stommelen crash at Montjuich Park 1975

レースは29週目で赤旗、そしてそのまま中止となった。
そしてレース距離が規定の75%未満だったため、入賞者へのポイントはそれぞれハーフポイント制がとられた。
これはF1の歴史上初めてのことである(最近の例は2009年マレーシアGP)。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。