【F1動画】1992年イタリアGP ウイリアムズに相次ぐ油圧系トラブル - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】1992年イタリアGP ウイリアムズに相次ぐ油圧系トラブル

1992年は、ウイリアムズのマンセルが圧倒的な強さを見せ、コンストラクターとドライバーの両タイトルを決めた。
一方、マクラーレン・ホンダは不振に陥り、第2期のF1撤退を発表することとなる。

そんな中行われた1992年イタリアGPは、マンセルがレースをリードし、同僚のパトレーゼ2番手。
20周目、なんとマンセルがスローダウンし、パトレーゼがトップへ。
地元イタリア出身のパトレーゼに1位を譲ったのであった。

⇒【F1動画】1992年イタリアGP ウイリアムズに相次ぐ油圧系トラブル

マクラーレン・ホンダのセナは3位で続く。
だが42周目、マンセルが今度は本当のトラブルでスローダウンしてリタイア。
さらに残り6周となったところで、今度はパトレーゼがマンセルと同じアクティブサスの油圧系トラブルでスローダウン。

結果、セナがトップに立ち、長年共に歩んできたホンダに勝利を捧げる。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。