【F1動画】1982年カナダGP スタート直後の悲劇 リカルド・パレッティ - F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】1982年カナダGP スタート直後の悲劇 リカルド・パレッティ

1982年カナダGP。
ポールポジション、フェラーリのディディエ・ピローニがエンジンストールを起こしスタートできない。

手を挙げて合図するピローニのマシンを避けて後方のマシン達は通過できたが、さらに後ろのグリッドから加速していたリカルド・パレッティからは前方のマシンの影でピローニが見えなかった。

視界をさえぎられていたパレッティは停止していたピローニのマシンに猛スピードで追突。

⇒【F1動画】1982年カナダGP スタート直後の悲劇 リカルド・パレッティ

1982年カナダGP スタート直後の悲劇。
パレッティは胸をステアリングで圧迫され、マシンが炎上して消火作業で救出に時間を要した。その後病院に運ばれたが、命を取り留めることはなかった。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。