F1GP動画WEB

▼F1ツイッター
F1GP動画WEB twitter
F1ネタをつぶやいています。どうぞフォローを!

愛車の相場を32秒でかんたんチェック!かんたん車査定ガイド

【F1動画】2007年中国GP

2012年の序盤2戦は大混戦となった。あれだけ不振と言われていたフェラーリ/フェルナンド・アロンソが現時点でランキングトップ、反対にセバスチャン・ベッテルはマレーシアGPでの接触騒動を含め、最速マシンを手にしていない苛立ちがあるのか、ドタバタぶりを感じざるを得ない。
印象的な走りを見せたのはセルジオ・ペレス。デビューから一年間の苦労が報われたという感じである。この調子をキープしてトップチームにアピールするような走りができれば、彼の将来は明るい。
小林可夢偉は、マレーシアでは不運を全て背負ってしまったかのようだった。戦闘力があるマシンなのだから、それをうまく生かす戦略で頑張ってほしい。

さて次戦は中国GP。過去8回開催されてきたグランプリで、個人的に一番面白かったレースは2007年、マクラーレンのルイス・ハミルトン、フェラーリのキミ・ライコネンによる争いが繰り広げられた。
スタートからハミルトンが独走態勢に入るが、やがてタイヤの磨耗に見舞われ、ライコネンの攻撃を受ける。濡れた路面も影響して、ミスをしたハミルトンをライコネンがオーバーテイク。タイヤ交換を迫られたハミルトンは焦りが出たのか、なんとピットレーンでコースアウトしリタイア。ライコネンはその後リードを広げて優勝、最終戦に向けて勢いをつける結果となった。
ちなみにこの勝利はフェラーリにとって200勝目であると同時に、1972年から見られた「Marlboro」のロゴが貼られたマシンが出走した最後のレースでもあった。

⇒【F1動画】2007年中国GP

中国GP ライコネン '07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。